ミサンガの由来やミサンガのつけ方についてなど。

ミサンガとは?

ミサンガの由来

 ミサンガはプロミス・リングやブラジリアン・ブレス、アミーゴ・ブレスとも云い、メキシコや南米の国々で古くからお守りとして腕に巻きつける風習があったと云います。邪神や魔神、災害、病魔などから自分や家族を守るために、身に着けていたようです。現在でもその風習は残っており、皆が身に付けるため、若い女の子達はそのミサンガを作って、家計を助けているそうです。

 南米のサッカー選手たちがミサンガを付けて試合をしていた事から日本のJリーグの選手たちも着用しました。その結果サポター間で一時爆発的に流行しました。そうそうACミランとかサンプドリアとかがトヨタカップで有名だった頃です。

 最近では、2004年に球団合併反対を唱えた日本プロ野球選手会が12色のミサンガを着用してサンヨーオールスターゲームやアテネオリンピックに出場したことも記憶に新しいですね。ミサンガはラッキーチャームとして日本では浸透してきたようです。

  意外に戸惑うのが、ミサンガの付け方。
  利き手につければ恋愛成就、利き手じゃない方につければ学業成就、とか、利き足につければ友情、利き足じゃない方につければ金運とか云われますが、実はミサンガの付け方に特に決まりはないです。身に付ける場所に意味があるわけではありません。意味があるのは、願い事をするってこと。

そう 願いがかなうために、がんばれるお守りなのです。
あなたの願い事は何ですか?
合格!さあ がんばりましょう!

当社では、日本で最大級の電子ジャガード搭載のレピア織機で、織ネーム、ミサンガ、お守り、織ワッペン、 織テープ、のぼり旗、織生地等のジャガード織物の製造・販売を行っています。 >> 出口織ネーム
このページの要約
ミサンガの由来やミサンガのつけ方についてなど。
ミサンガショップdoname 出口織ネームHPへ ミサンガショップのトップページへ